« 銀河の滝 | トップページ | 大函 »

2007年11月 3日 (土)

流星の滝

E1dl2017s

↑クリックすると少し大きい画像がご覧いただけます。
 
カメラ機種名;Canon EOS-1D Mark III
レンズ;EF28-70mm f/2.8L USM
撮影モード;Av
シャッター速度;1/8秒
絞り数値;F11
測光方式;評価測光
露出補正;-2/3
ISO感度;100
焦点距離;43mm
ホワイトバランス;色温度6200K
ピクチャースタイル;風景
RAW現像;Canon Digital Photo Professional 3.0
その他;コントラスト+,色の濃さ+,シャープネス+(DPP)
     三脚使用,PLフィルター使用

 

昨日の写真の銀河の滝とは、

数十m程度しか離れていないところにある流星の滝。

女性的で何段かに分かれて曲線的に落ちる銀河の滝は、

雌滝とも言われるが、

それに対して流星の滝は、水量が多く、

男性的なので雄滝とも言われるらしい。

落差は約90mで銀河の滝より背は低いんですけどね。

 

↓ブログ村のランキングに参加しています。
 クリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

|

« 銀河の滝 | トップページ | 大函 »

風景写真」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
水量が多い滝は迫力あります
この滝近くには行けないのですか
つい下に行きたくなります! ポチッ

投稿: mamijeen | 2007年11月 3日 (土) 23時18分

こんばんは^^
確かに銀河の滝に比べると水量が少ないですね。
もう少し近くまで行きたいですね。ポチ♪

投稿: hakuta-M78 | 2007年11月 3日 (土) 23時30分

mamijeenさん、こんばんは。
近くには行けるようでしたが、よく分かりません。
確かに滝は滝壺近くから見るのが一番迫力があって良いのですが、
今回はまったくその気はありませんでした。
疲れそうだったので・・・。

投稿: しげる | 2007年11月 4日 (日) 21時12分

hakutaさん、こんばんは。
滝壺の近くまで行くのはたいていの場合、
大きな石のごろごろしたところを歩いて行かなくてはならず、
重い機材を抱えている場合は、けっこうきつくて危険も伴います。
心臓のことを考えると、なかなか無理できないんですよね。
(心臓病持ちなので…)

投稿: しげる | 2007年11月 4日 (日) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 銀河の滝 | トップページ | 大函 »