« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月31日 (水)

黒岳の雄姿

E1dl1955s_3   

↑クリックすると少し大きい画像がご覧いただけます。
 
カメラ機種名;Canon EOS-1D Mark III
レンズ;EF17-40mm f/4L USM
撮影モード;Av
シャッター速度;1/60秒
絞り数値;F5.6
測光方式;評価測光
露出補正;0
ISO感度;100
焦点距離;40mm
ホワイトバランス;太陽光
ピクチャースタイル;紅葉
RAW現像;Canon Digital Photo Professional 3.0
その他;色の濃さ+,シャープネス+(DPP)
     PLフィルター使用,トリミング

 

7合目での撮影を終えて、再びリフトに乗って降りていく途中、

リフトに乗ったまま、しかも後ろを振り返って撮った写真。

動けない状態で、体をひねって撮ったので、

いつの間にか右端に、

後ろのリフトの端っこがほんの少し写ってしまった。

そのままUPしようかとも考えたが、

現像時にトリミングをしてカットした。

 

紅葉の衣をまとい、雄々しくそびえる黒岳の雄姿。

不自由な体勢とは言え、

手前の木々も入れてなかなかうまくフレーミングできた。

 

↓ブログ村のランキングに参加しています。
 クリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

| | コメント (4)

2007年10月30日 (火)

ダケカンバ

E1dl1941s

↑クリックすると少し大きい画像がご覧いただけます。
 
カメラ機種名;Canon EOS-1D Mark III
レンズ;EF70-200mm f/2.8L USM
撮影モード;Av
シャッター速度;1/125秒
絞り数値;F4.0
測光方式;評価測光
露出補正;-1/3
ISO感度;100
焦点距離;70mm
ホワイトバランス;太陽光
ピクチャースタイル;紅葉
RAW現像;Canon Digital Photo Professional 3.0
その他;シャープネス+(DPP)
     三脚使用,PLフィルター使用

 

リフトの終点の建物のすぐ近くのダケカンバが、

鮮やかに黄色く色付いていた。

 

ダケカンバの木は、

同じカバノキの仲間のシラカバよりも高いところに生える木で、

割と似ているが、枝の付き方が横に広がるように付いている。

枝振りとしてもなかなか面白い形だ。

シラカバは我が家のある平地の辺りにもけっこう植えられているが、

上に伸びていく感じで雰囲気が違う。

葉の色づき具合はとても似ているんですけどね。

 

このカット以降、結局、7合目での撮影はせず、

その先の山にも入らず、ホテルに戻ることにした。

 

↓ブログ村のランキングに参加しています。
 クリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

| | コメント (6)

2007年10月29日 (月)

黄葉と層雲峡

E1dl1927s

↑クリックすると少し大きい画像がご覧いただけます。
 
カメラ機種名;Canon EOS-1D Mark III
レンズ;EF70-200mm f/2.8L USM
撮影モード;Av
シャッター速度;1/125秒
絞り数値;F4.0
測光方式;評価測光
露出補正;-1
ISO感度;100
焦点距離;75mm
ホワイトバランス;色温度6000K
ピクチャースタイル;紅葉
RAW現像;Canon Digital Photo Professional 3.0
その他;色の濃さ+,シャープネス+(DPP)
     三脚使用,PLフィルター使用

 

リフトで黒岳の7合目まで登ってきたが、

そこからは5合目から見たような一面の紅葉は見られない。

そこから更に、歩いて登山道へ入って行かなくてはならないようだ。

しかし、心臓の病気を持つ僕には完全に無理。

少しだけ入ってみてすぐ引き返してこようかとも思ったが、

入山するには、入り口で名前を書かなくてはならないし、

周りにもいくらかはきれいな紅葉があるので、

取りあえず、そこで撮れる写真を撮ることにした。

 

この写真はそのうちの1枚。

下の方に見える層雲峡の岩肌と、黄葉を入れて作画してみた。

まだ、充分に色付いているとは言えないが、

黄葉の明るさと、険しく力強い印象の岩肌が対照的だ。

 

 
↓ブログ村のランキングに参加しています。
 クリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

| | コメント (4)

2007年10月28日 (日)

雲海#004

E1dl1913s

↑クリックすると少し大きい画像がご覧いただけます。
 
カメラ機種名;Canon EOS-1D Mark III
レンズ;EF70-200mm f/2.8L USM
撮影モード;Av
シャッター速度;1/640秒
絞り数値;F5.0
測光方式;評価測光
露出補正;-1/3
ISO感度;100
焦点距離;200mm
ホワイトバランス;色温度6600K
ピクチャースタイル;風景
RAW現像;Canon Digital Photo Professional 3.0
その他;シャープネス+(DPP) 三脚使用
 

黒岳のロープウェイの終点は5合目。

そこから少しだけ歩いてリフト乗り場へ。

2人乗りのペアリフトなのだが、

カメラ機材があるので、僕がカメラバッグ、

あっこが三脚を持って、それぞれ分かれてリフトに乗り、

7合目まで移動した。

 

そこから再び雲海を撮影したのがこの写真。

沸き立つような雲が山の裾を包み、神秘的な光景だ。

 

↓ブログ村のランキングに参加しています。
 クリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

| | コメント (4)

2007年10月27日 (土)

紅葉の絨毯

E1dl1882s

↑クリックすると少し大きい画像がご覧いただけます。
 
カメラ機種名;Canon EOS-1D Mark III
レンズ;EF70-200mm f/2.8L USM
撮影モード;Av
シャッター速度;1/80秒
絞り数値;F5.6
測光方式;評価測光
露出補正;-2/3
ISO感度;100
焦点距離;200mm
ホワイトバランス;色温度6000K
ピクチャースタイル;紅葉
RAW現像;Canon Digital Photo Professional 3.0
その他;色の濃さ+,シャープネス+(DPP)
    三脚使用,PLフィルター使用

 

色とりどりの紅葉がまるで絨毯のように広がっている。

赤、黄、緑、オレンジ…。

一本一本の木々が競うように色付いて、

目の前の冬に向けて準備をしているようだ。

 

↓ブログ村のランキングに参加しています。
 クリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

| | コメント (6)

2007年10月26日 (金)

雲海#003

E1dl1855s

↑クリックすると少し大きい画像がご覧いただけます。
 
カメラ機種名;Canon EOS-1D Mark III
レンズ;EF70-200mm f/2.8L USM
撮影モード;Av
シャッター速度;1/1600秒
絞り数値;F6.3
測光方式;評価測光
露出補正;-1 1/3
ISO感度;100
焦点距離;78mm
ホワイトバランス;色温度7200K
ピクチャースタイル;風景
RAW現像;Canon Digital Photo Professional 3.0
その他;コントラスト+,色の濃さ+,シャープネス+(DPP)
     三脚使用
 

ちょっと朝らしい雰囲気を演出してみました。

と言っても、色温度を7200Kに上げて、

コントラストと色の濃さを+しただけですが…。

この辺りは、雲海というより、雲の激流という感じですね。

実際には流れていませんが…。
 

↓ブログ村のランキングに参加しています。
 クリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

| | コメント (6)

2007年10月25日 (木)

黒岳山頂付近の紅葉

E1dl1877s

↑クリックすると少し大きい画像がご覧いただけます。
 
カメラ機種名;Canon EOS-1D Mark III
レンズ;EF70-200mm f/2.8L USM
撮影モード;Av
シャッター速度;1/80秒
絞り数値;F5.6
測光方式;評価測光
露出補正;-2/3
ISO感度;100
焦点距離;70mm
ホワイトバランス;太陽光
ピクチャースタイル;紅葉
RAW現像;Canon Digital Photo Professional 3.0
その他;色の濃さ+,シャープネス+(DPP)
     三脚使用,PLフィルター使用
 

黒岳の5合目から見た山頂付近の紅葉。

実に見事としか言いようのない色彩だ。

前日の銀泉台で見た紅葉は、夕方で日陰だったので、

見た目にはあまり鮮やかな感じはしなかったが、

朝日を浴びて輝く紅葉は、正に極彩色。

谷には雲海、振り返れば山にこの紅葉。

写真を趣味にするものとして、

これほど贅沢なシチュエーションがあるだろうか。

 

↓ブログ村のランキングに参加しています。
 クリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

| | コメント (4)

2007年10月24日 (水)

雲海#002

E1dl1836s

↑クリックすると少し大きい画像がご覧いただけます。
 
カメラ機種名;Canon EOS-1D Mark III
レンズ;EF17-40mm f/4L USM
撮影モード;Av
シャッター速度;1/160秒
絞り数値;F7.1
測光方式;評価測光
露出補正;0
ISO感度;200
焦点距離;17mm
ホワイトバランス;太陽光
ピクチャースタイル;風景
RAW現像;Canon Digital Photo Professional 3.0
その他;シャープネス+(DPP) 三脚使用

 

この写真は、黒岳5合目にロープウェイで登って最初に撮ったカット。

記念すべき雲海撮影の1枚目だ。

まずは全体を出来るだけ広く押さえ、

そのあとに部分部分を切り取るのが、

僕の風景撮影の多いパターン。

露出は取りあえず評価測光でAEB撮影。

三脚を立てて、2秒タイマーを使うと、

5カットが1/3段ずつ段階露出(AEB)で連写される設定にしてある。

ただ、結局選んだこのカットは出た目通りの補正無しのカット。

画面内に太陽が入るようなこのカットで、

露出補正無しなんて、信じられないことだ。

これが評価測光の実力なのだろう。

 

ただ、当然のごとく、バッチリとフレアが入ってしまいました。

これはまぁ仕方ないですね。

この雄大な雲海の風景、ご堪能下さい。

 

↓ブログ村のランキングに参加しています。
 クリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

| | コメント (8)

2007年10月23日 (火)

層雲峡温泉

E1dl1874s

↑クリックすると少し大きい画像がご覧いただけます。
 
カメラ機種名;Canon EOS-1D Mark III
レンズ;EF70-200mm f/2.8L USM
撮影モード;Av
シャッター速度;1/25秒
絞り数値;F8.0
測光方式;評価測光
露出補正;-2/3
ISO感度;100
焦点距離;165mm
ホワイトバランス;色温度6200K
ピクチャースタイル;風景
RAW現像;Canon Digital Photo Professional 3.0
その他;シャープネス+(DPP) 三脚使用

 

2泊目の宿は層雲峡温泉。

朝、まだ薄暗い5時前に目が覚めた。

窓を少し開けて外を見ると、低いところに雲がかかっている。

しかもその隙間から見える空は晴れているようだ。

つまり、山の上の方は晴れている。

朝早いうちに山を登れば、ほぼ間違いなく雲海が見える条件だ。

 

ということで、朝一番、6時発のロープウェイに乗ることにした。

6時少し前にロープウェイの乗り場へ。

しかし、すでに始発の切符は売り切れ。

でも、10分間隔と言うことで、6時10分のに乗れた。

 

ロープウェイの終点のある5合目には展望台があり、

そこに登って下を見ると、見事な雲海。

黒岳の山頂付近には鮮やかな紅葉。

最高の条件だ。

 

写真は、下の方に小さく見えた層雲峡温泉。

小さいけど、なかなかきれいに整備されていました。

↓ブログ村のランキングに参加しています。
 クリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

| | コメント (4)

2007年10月22日 (月)

雲海#001

E1dl1860s

↑クリックすると少し大きい画像がご覧いただけます。
 
カメラ機種名;Canon EOS-1D Mark III
レンズ;EF70-200mm f/2.8L USM
撮影モード;Av
シャッター速度;1/800秒
絞り数値;F8.0
測光方式;評価測光
露出補正;-1 1/3
ISO感度;100
焦点距離;135mm
ホワイトバランス;太陽光
ピクチャースタイル;風景
RAW現像;Canon Digital Photo Professional 3.0
その他;シャープネス+(DPP) 三脚使用
 

層雲峡温泉のある大雪山系黒岳のロープウェイの終点、

5合目からの雲海。

雲海はいつも現れるわけではない。

運が良かったとしか言いようがない。

詳しいことは明日書きたいと思います。

 
↓ブログ村のランキングに参加しています。
 クリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

| | コメント (4)

2007年10月21日 (日)

銀泉台からの眺望

E1dl1822s

↑クリックすると少し大きい画像がご覧いただけます。
 
カメラ機種名;Canon EOS-1D Mark III
レンズ;EF17-40mm f/4L USM
撮影モード;Av
シャッター速度;1/200秒
絞り数値;F6.3
測光方式;評価測光
露出補正;-1/3
ISO感度;200
焦点距離;17mm
ホワイトバランス;太陽光
ピクチャースタイル;風景
RAW現像;Canon Digital Photo Professional 3.0
その他;色の濃さ+,シャープネス+(DPP)
        三脚使用,PLフィルター使用
 

昨日の写真は、バスの終点から西側を向いて、

遠くに見える赤岳の紅葉を撮ったものでしたが、

今日の写真は反対側、つまり東側を見た風景です。

これだけ広大な風景の中に人工物はまったく見当たりません。

北海道、でっかいどうです。

 

↓ブログ村のランキングに参加しています。
 クリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

| | コメント (2)

2007年10月20日 (土)

銀泉台

E1dl1803s

↑クリックすると少し大きい画像がご覧いただけます。
 
カメラ機種名;Canon EOS-1D Mark III
レンズ;EF70-200mm f/2.8L USM
撮影モード;Av
シャッター速度;1/25秒
絞り数値;F6.3
測光方式;評価測光
露出補正;0
ISO感度;200
焦点距離;200mm
ホワイトバランス;日陰
ピクチャースタイル;クリア
RAW現像;Canon Digital Photo Professional 3.0
その他;コントラスト+,色の濃さ+,
    シャープネス+,トーンカーブ調整 (DPP)
        三脚使用,PLフィルター使用

 

層雲峡方面へ走っている時、

何やら川沿いにたくさん車が駐まっているところが見えた。

「臨時駐車場」の看板もあり、「何かな?」と思い、その近くで停車した。

すると、その駐車場の入り口から一台のバスが出てきた。

「銀泉台行き」と書いてある。

 

そう言えば、この撮影の前に買った旅行雑誌に、

銀泉台へ行く道は、紅葉の時期、一般の車は通行止めになっていて、

そこへ行くにはシャトルバスに乗らなければならないと書かれていた。

 

銀泉台は、大雪山系赤岳の頂上への途中にある紅葉の名所。

以前から一度行ってみたいところだった。

三国峠がまだまだ紅葉が進んでなかったので、

銀泉台もまだだと思っていたが、駐車場にいた人に聞いてみた。

すると、もう今が見頃だという。

 

次のバスの出発時間は3時15分。

片道30分程ということで、

往復して撮影もして何とか夜までに宿へ行くのは大丈夫だろう、

ということで、行ってみることにした。

 

「どうせ金儲けのために一般車両を通行止めにして、

 シャトルバスを出しているのだろう。」と思っていたが、

バスに乗ってみてその考えは間違いだと言うことに気がついた。

ところどころにバス2台がギリギリすれ違えるポイントはあるものの、

道はずっと砂利道で、

ほとんどは一般の車でもすれ違うのが大変そうな幅。

バスの運転手は、ずっと無線で交信し合って、

すれ違うタイミングを調節している。

この道でもし、一般車が自由に出入りしたら、

ところどころですれ違うために車が駐まり、

大渋滞になって全く進めない状態になるのは明らかだ。

これなら仕方ないと、とっても納得した。

 

予定より少し遅れて終点に到着。

そこで知った事実…下りの最終便は4時半出発。

到着した時間は4時少し前。

更に、そのバスの終点辺りには紅葉はなく、

もっとも紅葉がきれいなところはかなり先で、

山道を歩かなければならない。

とてもではないが往復歩くのは無理。

ただ、遠くに見える赤岳の山頂に近い辺りに紅葉が見える。

望遠ならその場からでも切り取れそうだということで、

何とか撮影したのが今日の写真。

 

しかし、もう太陽は山の向こうに沈んでいるので、

その紅葉の部分は日陰で、太陽の光は当たっていない。

遠景で日陰なので、

元の画像はもやがかかったようなコントラストの低い状態。

こんな時に使うのが、

ピクチャースタイルの「クリア」という事らしいので使ってみた。

なかなか良い効果が出た。

紅葉の写真なので、

その色が出るようにホワイトバランスも「日陰」に変更。

更に色も濃くし、トーンカーブでもR(レッド)を上げ、

B(ブルー)を下げて、赤と黄色を少し強くした。

何とかそれらしくなりました。

 

↓ブログ村のランキングに参加しています。
 クリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

| | コメント (8)

2007年10月19日 (金)

三国峠

E1dl1792s

↑クリックすると少し大きい画像がご覧いただけます。
 
カメラ機種名;Canon EOS-1D Mark III
レンズ;EF17-40mm f/4L USM
撮影モード;Av
シャッター速度;1/125秒
絞り数値;F8.0
測光方式;評価測光
露出補正;0
ISO感度;200
焦点距離;40mm
ホワイトバランス;太陽光
ピクチャースタイル;風景
RAW現像;Canon Digital Photo Professional 3.0
その他;コントラスト+,色の濃さ+,
    シャープネス+ (DPP)

    PLフィルター使用

 

撮影旅行2日目、午前中のナキウサギ撮影は空振り。

仕方ないので、然別湖畔で昼食をとることに。

食べたのは、然別湖に棲むオショロコマと言う魚の天丼。

ちょっと高かったけど、美味しかったです。

 

そのあとは日本一早い紅葉の撮影に層雲峡方面へ。

この写真は、その途中通った三国峠で撮ったもの。

ここも紅葉の名所のはずでしたが、

まだまだ先の話のようでした。

でも、広大で山々のラインの連なりも美しいですね。

 

↓ブログ村のランキングに参加しています。
 クリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

| | コメント (3)

2007年10月18日 (木)

火を噴く空

E1dl1744s

↑クリックすると少し大きい画像がご覧いただけます。
 
カメラ機種名;Canon EOS-1D Mark III
レンズ;EF17-40mm f/4L USM
撮影モード;Av
シャッター速度;1/30秒
絞り数値;F4.0
測光方式;スポット測光
露出補正;0
ISO感度;200
焦点距離;17mm
ホワイトバランス;太陽光
ピクチャースタイル;風景
RAW現像;Canon Digital Photo Professional 3.0
その他;無し

 

1日目の撮影が終わり、この日泊まるペンションに向かったが、

その途中、空にはきれいなすじ雲が…。

それに気付いた時、まだ太陽は沈む前で、

色としてはまだ染まっていない状態。

ひょっとして…とその時、僕の頭の中にひとつの計画が浮かんだ。

 

今まで、何度もかよったこの道。

この先の美蔓(びまん)というところに展望台がある。

うまく行けば、そこに着いたあたりで、

このすじ雲がきれいに染まってくれるかも…。

 

ペンションにチェックインしなければならない時間にも、

間に合わなければならないので、

そのあとは空の状態を気にしながら車を飛ばした。

 

そして、清水町の美蔓展望台に到着。

何とか撮影できたのがこの写真。

計算どおりの夕焼け。

まるで空が火を噴いているかのようだ。

 

見た目に近い状態に仕上げたかったので、

現像時に、特にいじらずにアップしました。

 

↓ブログ村のランキングに参加しています。
 クリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

| | コメント (7)

2007年10月17日 (水)

キタキツネ#009

E1dl1737s

↑クリックすると少し大きい画像がご覧いただけます。
 
カメラ機種名;Canon EOS-1D Mark III
レンズ;EF70-200mm f/2.8L USM
撮影モード;Av
シャッター速度;1/125秒
絞り数値;F2.8
測光方式;スポット測光
露出補正;+1/3
ISO感度;100
焦点距離;200mm
ホワイトバランス;色温度4800k
ピクチャースタイル;風景
RAW現像;Canon Digital Photo Professional 3.0
その他;無し
 

このシリーズ最後のキタキツネ写真です。

 

いつまでたっても食べ物を出さない僕たちに対して、

しびれを切らしたのか座って待ち始めました。

キタキツネのおすわり状態です。

考え過ぎかもしれませんが、右の耳で向かってくる車の音を、

左の耳で僕らの音を聞いてるような気がします。

 
↓ブログ村のランキングに参加しています。
 クリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

| | コメント (8)

2007年10月16日 (火)

キタキツネ#008

E1dl1710s

↑クリックすると少し大きい画像がご覧いただけます。
 
カメラ機種名;Canon EOS-1D Mark III
レンズ;EF70-200mm f/2.8L USM
撮影モード;Av
シャッター速度;1/100秒
絞り数値;F2.8
測光方式;スポット測光
露出補正;0
ISO感度;100
焦点距離;200mm
ホワイトバランス;色温度5000k
ピクチャースタイル;風景
RAW現像;Canon Digital Photo Professional 3.0
その他;色の濃さ+ (DPP)
 
こちらを威嚇している?…というわけではなく、

このあとこのキツネは、

大口を開けて口の周りを「ペロッ」っとやっただけでした。

しかし、大きな犬歯と鋭い目つきが写っているので、

今回撮った写真の中では、

唯一、野生らしい感じが良く出ています。

目線はこちらに無いですが、目線の先には車の中のあっこがいます。

 

写真としては、若干ぶれているので、

ISO感度を上げなかったことを少し後悔しました。

まだ撮影中に感度を変えると言うことに慣れていない証拠ですね。

 

↓ブログ村のランキングに参加しています。
 クリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

| | コメント (4)

2007年10月15日 (月)

キタキツネ#007

E1dl1734s

↑クリックすると少し大きい画像がご覧いただけます。
 
カメラ機種名;Canon EOS-1D Mark III
レンズ;EF70-200mm f/2.8L USM
撮影モード;Av
シャッター速度;1/80秒
絞り数値;F2.8
測光方式;スポット測光
露出補正;+1/3
ISO感度;100
焦点距離;200mm
ホワイトバランス;色温度5200k
ピクチャースタイル;風景
RAW現像;Canon Digital Photo Professional 3.0
その他;色の濃さ+ (DPP)
 

ナキウサギの撮影が終わり、

帰りに扇ヶ原展望台で寝そべっていたキタキツネを撮影し、

あとはペンションへ向かうだけ…ということで山を下って行く途中、

道を歩いているもう1匹のキタキツネとすれ違った。

 

すぐに車を止めたところ、そのキツネもこちらへ寄ってきた。

道は片側一車線で、キツネは反対側の道路端に立ち止まった。

カメラを出して撮影を開始した。

キツネの方は何か食べ物を出してくれるのを待っているのか、

その場にいて、

立ったり座ったりしながらこちらの様子をうかがっている。

 

写真としては、バックに緑がある分自然な感じだ。

そして、完全にカメラ目線。

やっぱり可愛いです。

 
↓ブログ村のランキングに参加しています。
 クリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

| | コメント (6)

2007年10月14日 (日)

ナキウサギ#006

E1dl1679s

 
カメラ機種名;Canon EOS-1D Mark III
レンズ;EF300mm f/2.8L IS USM
撮影モード;Av
シャッター速度;1/1250秒
絞り数値;F2.8
測光方式;スポット測光
露出補正;0
ISO感度;100
焦点距離;300mm
ホワイトバランス;太陽光
ピクチャースタイル;風景
RAW現像;Canon Digital Photo Professional 3.0
その他;シャープネス+ (DPP)

 

この写真だけではなく、この前後の写真を拡大して見ると、

体の左側に2カ所、丸い小さな穴のようなものがあり、

その周りの毛が禿げている。

寄生虫か何かにやられたのだろうか。

少し心配である。

 

この写真には、ナキウサギの住処に生えている植物が多く写っている。

特に左の方に写っている背の低い木の細長い葉を、

食べているのをよく見る。

ナキウサギは完全な草食動物で、

秋にはこれらの葉をせっせと巣に運び込んで、貯食して冬に備える。

冬眠はしないが、冬には食料となる葉がほとんど無いためだ。

だから、撮影は秋が一番のチャンスでもある。

 

しかしこの日、

2時間いても外に出て活動していたのはこの1匹しか見なかった。

次の日、何とかもう一度撮影したかったので、

午前中再びここを訪れ、2時間ほど粘ってみたが、

鳴き声は何度か聞いたが、結局現れなかった。

生息数の減少が懸念される。

 

これで、今回のナキウサギシリーズはお終いです。

6枚しかUP出来ませんでしたが、

それも、同じようなカットが多くて済みませんでした。

 
 
↓ブログ村のランキングに参加しています。
 クリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

| | コメント (6)

2007年10月13日 (土)

ナキウサギ#005

E1dl1673s

↑クリックすると少し大きい画像がご覧いただけます。
 
カメラ機種名;Canon EOS-1D Mark III
レンズ;EF300mm f/2.8L IS USM
撮影モード;Av
シャッター速度;1/1250秒
絞り数値;F2.8
測光方式;スポット測光
露出補正;+1/3
ISO感度;100
焦点距離;300mm
ホワイトバランス;太陽光
ピクチャースタイル;風景
RAW現像;Canon Digital Photo Professional 3.0
その他;シャープネス+ (DPP)

 

ちょっとだけ舌を見せた可愛い表情。

こちらを見ています。

 

北海道に棲むナキウサギは、エゾナキウサギという。

そのエゾナキウサギは絶滅の危機に瀕しているという。

生息環境が極めて限られているため、

小さな環境の変化が命取りになってしまう。

最大の敵は人間。

林道建設や森林伐採、

また、この辺りでは世界ラリーが開催されるなど、

ナキウサギの環境は常に危険にさらされている。

そんなナキウサギを守るために、

「ナキウサギふぁんくらぶ」なる団体も出来ている。

僕自身はまだ会員ではないが、趣旨には賛成だ。

北海道の豊かな自然をもっともっと豊かにしていきたいものである。

 

↓ブログ村のランキングに参加しています。
 クリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

| | コメント (4)

2007年10月12日 (金)

ナキウサギ#004

E1dl1667s

↑クリックすると少し大きい画像がご覧いただけます。
 
カメラ機種名;Canon EOS-1D Mark III
レンズ;EF300mm f/2.8L IS USM
撮影モード;Av
シャッター速度;1/2000秒
絞り数値;F2.8
測光方式;スポット測光
露出補正;0
ISO感度;100
焦点距離;300mm
ホワイトバランス;太陽光
ピクチャースタイル;風景
RAW現像;Canon Digital Photo Professional 3.0
その他;シャープネス+ (DPP)

 

この写真を見て分かるように、ナキウサギの毛は短い。

しかも、この時期は換毛期で、毛が斑になっていたりする。

こんな体で涼しいところが好きなのは、

氷河期の生き残りだからだろうか。

 

 
↓ブログ村のランキングに参加しています。
 クリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

| | コメント (2)

2007年10月11日 (木)

バッタ

E1dl1772s

↑クリックすると少し大きい画像がご覧いただけます。
 
カメラ機種名;Canon EOS-1D Mark III
レンズ;EF300mm f/2.8L IS USM
撮影モード;Av
シャッター速度;1/1600秒
絞り数値;F2.8
測光方式;評価測光
露出補正;0
ISO感度;100
焦点距離;300mm
ホワイトバランス;太陽光
ピクチャースタイル;スタンダード
RAW現像;Canon Digital Photo Professional 3.0
その他;シャープネス+ (DPP)
 
ちょっと一息。

バッタです。

ナキウサギが出てくるのを待つ間に撮ったものです。

 

↓ブログ村のランキングに参加しています。
 クリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

| | コメント (4)

2007年10月10日 (水)

キタキツネ#006

E1dl1702s

↑クリックすると少し大きい画像がご覧いただけます。
 
カメラ機種名;Canon EOS-1D Mark III
レンズ;EF70-200mm f/2.8L USM
撮影モード;Av
シャッター速度;1/160秒
絞り数値;F2.8
測光方式;スポット測光
露出補正;0
ISO感度;100
焦点距離;200mm
ホワイトバランス;太陽光
ピクチャースタイル;風景
RAW現像;Canon Digital Photo Professional 3.0
その他;シャープネス+ (DPP)
  

ナキウサギの撮影を終え、清水町にあるこの日の宿に帰る途中、

もう一度扇ヶ原展望台へ寄ってみた。

行く時にいたキタキツネがいるかもしれないと思ったからだ。

そして、予想どおり1匹のキタキツネがいた。

しかもなんと、駐車場のど真ん中に寝そべっている。

ちらちらと目は開けるのだが、ずっとこの様子。

やっぱり基本的には夜行性だからだろうか。

それにしても無防備極まり無しである。

 

この個体、行く時に会ったキタキツネの写真と見比べてみると、

若干違うような感じがする。

確証は無いが、細かいところを見比べると微妙に違うようだ。

まあ、3時間ほど経っているので、

別個体に変わっていると考えてもおかしくはない。

ただ、そうだとすると、

ここに来る個体数は少なくとも2匹以上ということになる。

彼らが健康に行き続けられることを祈らずにはいられない。

 

↓ブログ村のランキングに参加しています。
 クリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

| | コメント (8)

2007年10月 9日 (火)

キタキツネ#005

E1dl1601s

↑クリックすると少し大きい画像がご覧いただけます。
 
カメラ機種名;Canon EOS-1D Mark III
レンズ;EF70-200mm f/2.8L USM
撮影モード;Av
シャッター速度;1/320秒
絞り数値;F2.8
測光方式;評価測光
露出補正;0
ISO感度;100
焦点距離;100mm
ホワイトバランス;太陽光
ピクチャースタイル;風景
RAW現像;Canon Digital Photo Professional 3.0
その他;コントラスト+,シャープネス+ (DPP)
 

このキタキツネは完全に人に対する警戒心がないようで、

こんな感じで平気で近づいてきます。

上目づかいなので、睨まれているような感じ。

野生らしさが垣間見えて、ちょっと恐いですね。

 

今まで出会ったキタキツネは、ほとんどが臆病で、

道の途中などで遭遇しても、

カメラを用意して居る間にすぐ隠れてしまい、

まともに撮影できたことがありません。

たくさん出会いながらも、なかなか撮れない被写体でした。

今回の撮影旅行では、

曲がりなりにも野生のキタキツネをしっかり撮れたので、

大収穫でした。

 

↓ブログ村のランキングに参加しています。
 クリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

| | コメント (4)

2007年10月 8日 (月)

キタキツネ#004

E1dl1600s

↑クリックすると少し大きい画像がご覧いただけます。
 
カメラ機種名;Canon EOS-1D Mark III
レンズ;EF70-200mm f/2.8L USM
撮影モード;Av
シャッター速度;1/500秒
絞り数値;F2.8
測光方式;評価測光
露出補正;0
ISO感度;100
焦点距離;130mm
ホワイトバランス;太陽光
ピクチャースタイル;風景
RAW現像;Canon Digital Photo Professional 3.0
その他;シャープネス+ (DPP)
 
 

顔のアップです。

こうやって見ると、やっぱり犬にそっくりですね。

ただ、こうやって撮影して分かったのですが、

キツネの目の瞳の部分(瞳孔)をよく見ると、

猫と同じように縦長になっている。

つまり、虹彩が横に開くタイプのようだ。

昼間で明るいので、瞳孔は小さくなっていて、

縦長なのがよく分かる。

 

ただこのblogでは、原版の約1010万画素(3888×2592)よりリサイズして、

約27.3万画素(640×427)まで小さくしているので、

ちょっと分からないかもしれないですね。

 

うちの愛犬Cooの瞳孔は人間と同じで丸いので、

キツネとイヌは違うと言うことなのだろうか。

キツネが基本的に夜行性だから?

 

↓ブログ村のランキングに参加しています。
 クリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

| | コメント (2)

2007年10月 7日 (日)

十勝平野

E1dl1704s

↑クリックすると少し大きい画像がご覧いただけます。
 
カメラ機種名;Canon EOS-1D Mark III
レンズ;EF17-40mm f/4L USM
撮影モード;Av
シャッター速度;1/160秒
絞り数値;F4.0
測光方式;評価測光
露出補正;+2/3
ISO感度;100
焦点距離;17mm
ホワイトバランス;太陽光
ピクチャースタイル;風景
RAW現像;Canon Digital Photo Professional 3.0
その他;コントラスト-,色の濃さ+,シャープネス+ (DPP)

 

これが扇ヶ原展望台から見た十勝平野。

まさに北海道らしい大パノラマ。

向きとしてはほぼ南向きです。

 

17mmなので、F4.0開放のままでも、

パンフォーカス的にピントが合ったようですが、

正直に言うと、絞り忘れてます。

F8.0,1/40秒で充分でした。

しかも、これは、現像時に補正した+2/3EVですので、

F8.0,1/25秒で撮ればもっと良かったですね。

 

撮影時刻はだいたい17時。

ナキウサギを撮ったあと、帰路についた時に、

もう一度キタキツネがいるか確認するために寄った時の撮影です。

 

↓ブログ村のランキングに参加しています。
 クリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

| | コメント (6)

2007年10月 6日 (土)

キタキツネ#003

E1dl1613s

↑クリックすると少し大きい画像がご覧いただけます。
 
カメラ機種名;Canon EOS-1D Mark III
レンズ;EF70-200mm f/2.8L USM
撮影モード;Av
シャッター速度;1/800秒
絞り数値;F2.8
測光方式;評価測光
露出補正;0
ISO感度;100
焦点距離;80mm
ホワイトバランス;太陽光
ピクチャースタイル;風景
RAW現像;Canon Digital Photo Professional 3.0
その他;シャープネス+ (DPP)

 

キタキツネの大あくび。

ほとんど直角に口が開いてますね。

我が家の愛犬Cooも、

こうやってよく大きな口を開けてあくびしながらノビをしています。

 

それにしても緊張感無さ過ぎ。

人間のテリトリーなのに、

この緊張感の無さは何なんでしょうね。

人間を恐れなくなった野生動物ほど恐いものはないですね。

 

↓ブログ村のランキングに参加しています。
 クリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

| | コメント (10)

2007年10月 5日 (金)

キタキツネ#002

E1dl1589s

↑クリックすると少し大きい画像がご覧いただけます。
 
カメラ機種名;Canon EOS-1D Mark III
レンズ;EF70-200mm f/2.8L USM
撮影モード;Av
シャッター速度;1/640秒
絞り数値;F2.8
測光方式;評価測光
露出補正;+1/3
ISO感度;100
焦点距離;200mm
ホワイトバランス;太陽光
ピクチャースタイル;スタンダード
RAW現像;Canon Digital Photo Professional 3.0
その他;コントラスト-,色の濃さ+,シャープネス+ (DPP)

 

この扇ヶ原展望台の駐車場にキタキツネがやってくる理由…、

それは観光客がくれるエサだ。

観光客としては、エサをおねだりするキタキツネは可愛いし、

寄ってきてくれれば近くで見られるし、

携帯のデジカメ機能でも撮れるため、

良い土産話になるのだろう。

 

しかしである。

この人間が与えるお菓子などが、

キタキツネにとっては下剤の役割をするというがある。

そのため、抵抗力が衰え、細菌に侵されてしまうらしい。

真偽の程は分からないが、出所は獣医らしいので、

間違いとは思えない。

そうでなくとも、野生動物を餌付けすることは、

絶対にしてはならないと言うことは、

自然愛護の観点からいって今や常識である。

 

確かにこうやって車の近くまで寄ってきてエサをねだられたら、

ついあげてしまいたくなりますよね。

実際に、この車の人ではないですが、

別の人が、

おみやげに買ったであろうマルセイバターサンドの包み紙を、

わざわざ破ってまで与えていました。

思わず、大きい声で「ダメですよ!」と言ってしまいましたが、

その人は「じゃあ、これで最後。」と言って更にあげていました。

こういう人の神経は理解できませんね。

 

他にも携帯のデジカメを向けて追いかけ回すおばちゃんや、

エキノコックスのことを知らないのか、

頭を撫でようとする若いお姉ちゃんもいる。

嘆かわしいことである。

 

尚、車のナンバーはDPPのレタッチで消しました。

 

↓ブログ村のランキングに参加しています。
 クリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

| | コメント (4)

2007年10月 4日 (木)

キタキツネ#001

E1dl1608s

↑クリックすると少し大きい画像がご覧いただけます。

 
カメラ機種名;Canon EOS-1D Mark III
レンズ;EF70-200mm f/2.8L USM
撮影モード;Av
シャッター速度;1/1000秒
絞り数値;F2.8
測光方式;評価測光
露出補正;0
ISO感度;100
焦点距離;200mm
ホワイトバランス;太陽光
ピクチャースタイル;風景
RAW現像;Canon Digital Photo Professional 3.0
その他;シャープネス+ (DPP)
 
 

ナキウサギはちょっとお休みして、

(似たような写真が多いので目先を変えるため)

今日はキタキツネ。

 

このキタキツネは、ナキウサギの撮影に向かう途中、

扇ヶ原展望台という、十勝平野が一望できる展望台に来ていた個体。

ここは広い駐車場があって、観光客が立ち寄っていったり、

時には大型の観光バスが来たりするところだ。

 

以前に来た時もこの場所でキタキツネに会った。

だから、今回ひょっとしたらまた出会えるかと期待していた。

と言うのも、前回、一眼レフでの撮影がちゃんと出来なかったからだ。

そして、期待どおり1匹のキタキツネが来ていた。

もちろん、こんな良いチャンスを逃すわけにはいかない。

すぐに撮影を始め、かなりの枚数撮ることが出来た。

ラッキーだ。

 

話は変わりますが、ブログ村のランキングに参加していますが、

写真のカテゴリーと、3つのサブカテゴリーに参加していましたが、

サブカテゴリーを「ネイチャーフォト」だけに絞りました。

野生動物の写真はもちろんネイチャーですが、

風景も広い意味ではネイチャーに入りますからね。

スナップもUPしますが、比率的に少ないので、

一本化した方が良いと判断しました。

これからもよろしくPochi!っとお願いします。

 

↓ブログ村のランキングに参加しています。
 クリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

| | コメント (6)

2007年10月 3日 (水)

ガレ場

E1dl1636s

↑クリックすると少し大きい画像がご覧いただけます。
 
カメラ機種名;Canon EOS-1D Mark III
レンズ;EF17-40mm f/4L USM
撮影モード;Av
シャッター速度;1/80秒
絞り数値;F8.0
測光方式;スポット測光
露出補正;0
ISO感度;200
焦点距離;17mm
ホワイトバランス;太陽光
ピクチャースタイル;紅葉
RAW現像;Canon Digital Photo Professional 3.0
その他;コントラスト+,色合い-,
     色の濃さ+,シャープネス+ (DPP)

 
ナキウサギが生息しているガレ場。

遊歩道沿いに長さ20~30mぐらいだろうか。

このようなガレ場が広がっている。

ナキウサギが姿を現すのを待ちながら、

紅葉もすでに始まっていたので、ちょっと撮ってみた。

 

遊歩道の道幅は2m程度しかない。

そこに10~20人ほどのカメラマンが並んでいる。

時々小声で話す声も聞こえるが、ほとんどは静寂の中である。

みんながガレ場の方を見回して、

出てきた時に見逃さないように見張っている。

見つけた時には小声でみんなに知らせたり、合図をしたりする。

大の大人が小動物一匹に右往左往しているような気がして、

ちょっと滑稽な感じもするが、

僕もそのうちの一人なのでどうしようもないですね。

 

↓ブログ村のランキングに参加しています。
 クリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

| | コメント (8)

2007年10月 2日 (火)

ナキウサギ#003

E1dl1663s

↑クリックすると少し大きい画像がご覧いただけます。
 
カメラ機種名;Canon EOS-1D Mark III
レンズ;EF300mm f/2.8L IS USM
撮影モード;Av
シャッター速度;1/1000秒
絞り数値;F2.8
測光方式;スポット測光
露出補正;0
ISO感度;100
焦点距離;300mm
ホワイトバランス;太陽光
ピクチャースタイル;忠実設定
RAW現像;Canon Digital Photo Professional 3.0
その他;色の濃さ+,シャープネス+ (DPP)

 

「瞑想のポーズ」と言われるポーズ。

視線の先には、湖の向こう岸の山か、空ぐらいしかない。

本当に瞑想しているのかは分からないが、

長い時には数分このまま動かない。

こちらとしては撮りやすくてありがたいんですけどね。

 

 
↓ブログ村のランキングに参加しています。
 クリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

| | コメント (6)

2007年10月 1日 (月)

ナキウサギ#002

E1dl1658s

↑クリックすると少し大きい画像がご覧いただけます。
 
カメラ機種名;Canon EOS-1D Mark III
レンズ;EF300mm f/2.8L IS USM
撮影モード;Av
シャッター速度;1/800秒
絞り数値;F2.8
測光方式;スポット測光
露出補正;0
ISO感度;100
焦点距離;300mm
ホワイトバランス;太陽光
ピクチャースタイル;忠実設定
RAW現像;Canon Digital Photo Professional 3.0
その他;色の濃さ+,シャープネス+ (DPP)
 

この日、駒止湖畔に着いたのは午後2時頃。

そこから遊歩道を15分ほど歩いて、ナキウサギの棲むガレ場に到着。

さすが3連休初日とあって、15人前後の人が来ていました。

 

さっそく三脚に300mmレンズとカメラを取り付けた。

その後…じっと待つ…待つ…待つ…ひたすら待つ…。

時々他の人のカメラの前に、一瞬現れ、すぐに隠れてしまったり、

下の方やずっと上の方で、

「キチッ」とか「ピュー」などの鳴き声だけが聞こえる。

 

そして待つこと1時間以上。

ついに僕の目の前に1匹のナキウサギが現れた。

すぐにシャッターを切り始める。

その1匹はしばらく動きながら、

たくさんのカメラマンの前を通り抜けていく。

時々止まっては、じっとこちらの様子をうかがっているかのようだ。

 

この個体がカメラマンたちの前に出ていたのは5分ほど。

その間にシャッターを切った回数は約50回。

それでもまぁまぁの収穫だ。

 

その後4時半頃まで粘ったが、結局撮影できたのはその1匹だけ。

何年か前に訪れた時には、もっと撮れたので、ちょっと残念だが、

取りあえず翌日も午前中ここへ来ることにして、

この日の宿であるペンションに向かった。

 

今日の写真はナキウサギの正面から。

こちらに挨拶をしてくれているかのよう。

 

↓ブログ村のランキングに参加しています。
 クリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

| | コメント (8)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »