« 親子の木 | トップページ | 天人峡 羽衣の滝 »

2007年9月 6日 (木)

木々のメロディー

E1dl1068s

↑クリックすると少し大きい画像がご覧いただけます。
 

カメラ機種名;Canon EOS-1D Mark III
レンズ;EF17-40mm f/4L USM
撮影モード;Av
シャッター速度;1/250秒
絞り数値;F11
測光方式;スポット測光
露出補正;0
ISO感度;100
焦点距離;17.0 mm
ホワイトバランス;太陽光
ピクチャースタイル;風景
RAW現像;Canon Digital Photo Professional 3.0
その他;コントラスト+,彩度+(DPP)

 

富良野や美瑛には、一本立ちの木も見られるが、

このように小さな範囲で固まっている木々もよく見られる。

防風林にしては小さい気がするが、詳しい目的はちょっと分からない。

ただ、風景として見た時には、なかなか良い感じだ。

このように丘陵の尾根伝いに並んでいるので、

尾根の起伏がそのまま、木々のラインを奏でる。

あたかも五線紙上の音符のようでもある。

 

このような風景の場合、スポット測光で一番手前の木の辺りを測光する。

日の当たる緑は、それでもまだ明るいので、

少し陰のある緑を選んでAEL(AEロック)する。

ピントは丘の上の木々だ。

17mmの絞り11なら、これでほぼパンフォーカス状態。

シャープに撮れた。

 

↓ブログ村のランキングに参加しています。
 クリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

|

« 親子の木 | トップページ | 天人峡 羽衣の滝 »

風景写真」カテゴリの記事

コメント

ワシの件ありがとうございます。
野生のは迫力が違いますね。

このレンズは本当にいいレンズですよね。
私もお気に入りの一つです。
16-35mmF2.8Ⅱはどうなんですかね?

投稿: hakuta-M78 | 2007年9月 6日 (木) 20時45分

hakutaさん、こんばんわ。
ワシの写真の方は、オオワシはかなり大きく撮れたのですが、
オジロワシはあまり大きく撮れませんでした。
僕の一番の被写体は野生動物なので、
自分でもまだまだ納得できていません。
とは言え、最近はあまり撮りに行けないので、少し寂しいですが、
何とか今年一回は撮りに行きたいと思ってます。
ワシは何年後かですね。

16-35mmF2.8Ⅱについては分かりませんが、
本当はそっちが欲しかったのですが、(まだⅡが出る前)
高いし、広角側は開放で撮ることが少ないので、
F4にしました。

投稿: しげる | 2007年9月 6日 (木) 20時57分

いろいろアドバイスありがとうございました。
本も、クッキーママに理解できるような物を探してみます。

オプタテシケ山・親子の木・そして、このお写真
やはり北海道って感じのお写真ですね。
一度は、自分の目で見たい風景です。

投稿: クッキーママ | 2007年9月 7日 (金) 20時55分

クッキーママさん、どうもです。

アドバイスはあまり役に立たないもので済みませんでした。
ただ、写真に関しては文章だけで伝えられないことの方が多いので、
写真や図で解説された詳しい本を読んだ方が実になると思いました。

今回の美瑛の風景は似たようなものばかりですが、
これが美瑛の風景の魅力だと思います。
地域地域によって特有の魅力ある風景があるので、
今後はそういったものも載せていきたいと思います。

投稿: しげる | 2007年9月 7日 (金) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 親子の木 | トップページ | 天人峡 羽衣の滝 »