« 木々のメロディー | トップページ | 天人峡 見返り岩 »

2007年9月 7日 (金)

天人峡 羽衣の滝

E1dl1168s

↑クリックすると少し大きい画像がご覧いただけます。
 

カメラ機種名;Canon EOS-1D Mark III
レンズ;EF17-40mm f/4L USM
撮影モード;Av
シャッター速度;0.3秒
絞り数値;F16
測光方式;評価測光
露出補正;-2/3
ISO感度;100
焦点距離;23.0 mm
ホワイトバランス;色温度6000K
ピクチャースタイル;紅葉
RAW現像;Canon Digital Photo Professional 3.0
その他;三脚使用,コントラスト-,彩度+(DPP)

 

日本の滝100選のひとつ、天人峡の羽衣の滝である。

北海道はかなりいろいろなところを回って見ているが、

一度見てみたかったが、まだ見たことがなかった光景のひとつである。

 

ただ、ひとつ不安があった。

数年前に島牧の賀老の滝に行った時、

駐車場から滝のあるところまでの高低差が大きく、

行く時に良い気になって降りていったら、

帰りは登るのに、心臓が音を上げかけたことだ。

心臓の悪い僕にとっては命にかかわることでもある。

 

そこで、滝の方へ歩き始めた頃に、

もう滝まで行って戻ってきた人に、

「滝までは起伏が激しいですか?」と聞いた。

こたえは、「ほとんどありませんよ。」と言うものだった。

それを聞いて、胸を撫で下ろし、安心して滝を目指して歩いていった。

もちろんあっこと愛犬Cooも一緒だ。

Cooにはちょっと酷な感じだったので、

時々あっこが抱っこしたが、

特に難は無く、滝までたどり着いた。

橋を渡って、急に開けた川の向こうに、見えた滝がこれだ。

天女が着ていた羽衣にたとえたこの滝。

その美しさは、まさにその通りである。

 

フレーミングをしてみると、画面のほとんどは日陰。

しかし、わずかに右上は直で陽が当たっている。

この明暗差はかなりのものである。

取りあえず、評価測光で1/3毎にAEB撮影で5コマ撮った。

ドライブのモードを連写(10コマ/秒)にしておくと、

1回のレリーズで自動的にシャッター速度を変えて、

5コマ連続で撮影してくれる。

この機能は便利だ。

さて、現像段階では、やはり日陰と日なたの部分の明暗差が大きい。

そのため、アンダー気味の-2/3のコマを選び、

コントラストを下げて整えた。

彩度も上げて緑を強調するために、ピクチャースタイルを「紅葉」に。

ホワイトバランスも日陰がメインなので、

少し色温度を上げて青みを取り除いた。

RAW現像は便利である。

 

↓ブログ村のランキングに参加しています。
 クリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

|

« 木々のメロディー | トップページ | 天人峡 見返り岩 »

風景写真」カテゴリの記事

コメント

(* ^-^)ノこんばんは♪
お体大丈夫ですか。
本当に綺麗な滝ですね。落差もあり迫力ありますね。
名前の通り、水の流れが羽衣の様に見えます。
フィルターなどはここでは使わなかったんですか?
(^o^)/ポチ♪

投稿: hakuta-M78 | 2007年9月 7日 (金) 23時28分

滝の写真は光のコントラストが強いと難しいので
私は小雨か曇りじゃないと撮れません^^;
RAWで調節できるんですね
また勉強させてもらいました。

それにしても美しい滝ですね
私もいつか行ってみたいです。

ポチ(^^♪

投稿: popo | 2007年9月 8日 (土) 09時17分

hakutaさん、こんばんわ。
風景撮影では基本的にPLフィルターを使うようにしています。
ただ、この時は使用しませんでした。
デジタルにして初めての本格的な風景の撮影だったので、
後処理でいくらか直せると本で読んだので、
一度やってみようと思ってこの時は全く使いませんでした。
確かにRAW現像時に青空を濃くしたりすることはいくらか可能でしたが、
緑の反射などはあまりコントロールできませんでした。
ソフトを使いこなす腕があればかなり出来るようですが、
その方が面倒な気がします。
やはり、これまで通り、撮影時にPLフィルターを使う方が良いみたいです。
体の方は良好な状態を維持できているようなので、心配ないようです。
ありがとうございます。

投稿: しげる | 2007年9月 8日 (土) 21時08分

しげるさん、こんばんは。
緑のコントラストとてもきれいで、
光もやさしく、癒されますね。
素敵なお写真ですね。

私も、以前滝を撮影しました。
水しぶきがとんできて、迫力がありましたよ。
しげるさんの、飼っているCooチャンは、ミニチュアダァックスですか???

投稿: momo | 2007年9月 8日 (土) 21時15分

popoさん、こんばんわ。
RAW現像では、ホワイトバランスやピクチャースタイルを後で自由に変更できるので、
いろいろ試してみて自分の好みに合う色に仕上げられて便利です。
他に、コントラストや彩度も調節できます。
あまりお薦めは出来ないですが、シャープネスや露出も後処理でいくらか救うことも出来ます。

jpegで撮ることは、撮影時にすべての設定を完璧しなければならないという緊張感があり、
腕を上げるのには良いかもしれません。
ただ、僕のように動物写真をメインに考えている場合には、
あらゆる状況に撮影時に完璧に対応するのはかなり困難が伴います。
動物はどこにどう現れるかも分からないし、良い瞬間をとらえるためにはレリーズすることが最優先になってきます。
露出やピント、フレーミングを完璧にすることに神経を注ぐためには、
他は後で調整する方が良いと考えます。
風景写真の時には、じっくり構えられるので、jpegでも撮れますが、
微妙なコントラストや彩度などのニュアンスを整えるにはやはりRAWの方が有利です。
良い瞬間をとらえたと思ったのに、露出が悪かったり、色が悪かったりしたらやはりRAWで撮らなかったことを後悔するでしょう。
ですからRAWで撮って今からいろいろと勉強しようと思ってます。
popoさんにも、D300にするのを機会にRAWで撮ることをお薦めします。
鳥の写真をメインに持っていくなら尚更だと思いますよ。

投稿: しげる | 2007年9月 8日 (土) 21時25分

momoさん、こんばんわ。
滝も、水飛沫がかかるぐらい近くで撮れば迫力ありますよね。
滝壺の近くで撮影したんですか?
Cooはブラック&タンのミニチュアダックスです。
まだ7ヶ月の子どもですが、毎日癒されてます。

投稿: しげる | 2007年9月 8日 (土) 22時09分

こんばんは。
夕焼けの色の件ですが、
私のブログだと皆さんに見られるのでこちらにコメント致します。
トーンカーブアシスト標準・明るさ-4・彩度+10です。
ピクチャースタイルを本来ならトワイライトにするところをクリアに
してあります。(これが一番きいてますね)
カメラ自体は
WBは太陽光。
露光補正量 : EV-0.7
ISO感度 : 100
こんな感じです。
(^o^)/ポチ♪

投稿: hakuta-M78 | 2007年9月 8日 (土) 22時37分

hakutaさん、どうも。
ピクチャースタイルのクリアはかなりコントラストが上がるようですからね。
そこに彩度+10なら納得です。
詳しいデータをありがとうございました。

投稿: しげる | 2007年9月 8日 (土) 23時16分

こんなに落差のある 素晴らしい滝には行った事ありません。
素晴らしいですね~うっとりです。
しげるさんのお写真を見ていると、暫く眺めているので時間が過ぎてます!
いつの日か、いろいろな写真が撮れるように頑張ります。

投稿: クッキーママ | 2007年9月11日 (火) 10時42分

そうですね。
なかなかこんなきれいな滝にはお目にかかれません。
日常の何気ない光景を撮って、その魅力を引き出す力があればいいのですが、
僕はまだまだ良い被写体のあるところまで行って、
被写体の魅力に助けてもらわなければダメなようです。

投稿: しげる | 2007年9月11日 (火) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木々のメロディー | トップページ | 天人峡 見返り岩 »