« らいおんのフセ | トップページ | カクレクマノミの横顔 »

2007年8月24日 (金)

チンパンジーの親子

E1dl0916s

↑クリックすると少し大きい画像がご覧いただけます。

カメラ機種名;Canon EOS-1D Mark III
レンズ;EF70-200mm f/2.8L USM
撮影モード;Av
シャッター速度;1/200 秒
絞り数値;F2.8
測光方式;スポット測光
露出補正;0
ISO感度;3200
焦点距離;200.0 mm
ホワイトバランス;クリックホワイトバランス
ピクチャースタイル;スタンダード
RAW現像;Canon Digital Photo Professional 3.0
その他;コントラスト+,シャープネス+,彩度-(DPP)

 

3年ほど前に来た時にはなかった「チンパンジーの森」という施設。

外にはフィールドアスレチックのようなものがあり、

建物の中にはガラス張りの大きなスペースがある。

 

この日は猛暑だったためか、

チンパンジーたちは外にはあまりいなかった。

この施設のウリのひとつである「スカイブリッジ」

(天井がドーム状のガラス張りになっていて、

その上をチンパンジーが歩いたりするため、

間近にチンパンジーを見ることができる。)

にはチンパンジーはいなくて、ちょっと残念。

しかし、屋内にいるチンパンジーの親子は見ることができた。

 

ここでもフラッシュ撮影は禁止なので、

係の人が「ストロボはたかないで下さい。」とアナウンス。

施設内はけっこう暗く、ISO3200に設定して開放で撮影。

ガラス張りのため、反射が多く、いろいろな角度から狙ったが、

この親子を撮るのに、

反射の影響のない場所を見つけることはできなかった。

 

こういう時、PLフィルターを持ってきていれば、何でもないのだが、

この時は、できるだけ荷物を軽くするため、

いつも使っているカメラバッグではなく、

別のバックパックにレンズ2本とストロボだけを入れてきてしまい、

PLフィルターを持ってきていなかった。

不覚である。

 

と言うことで、ガラスの反射を残してはいるが、

チンパンジーの親子を撮影することができた。

子どもを見つめる母親の目がとても優しいですね。

 

↓ブログ村のランキングに参加しています。

 クリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

|

« らいおんのフセ | トップページ | カクレクマノミの横顔 »

動物写真」カテゴリの記事

コメント

ISO3200、凄いです!
全然気になりませんね。

チンパンジーの毛が薄いような気がしますが、
ストレスか何かで抜けているんですかね。
それとも夏毛になるとか?

投稿: dokaben4649 | 2007年8月24日 (金) 21時12分

dokabenさん、毎度です。
僕も毛のことは気になってました。
原因までは分かりませんが、
他の個体はもっと黒々とした毛が生えていたので、
やはり、このお母さんチンパンジーに何かあるのだと思います。
少し心配です。

投稿: しげる | 2007年8月24日 (金) 21時47分

子を持つ母の目は、優しく、厳しく、時には哀しみもあふれます・・人間の親子も 動物の親子も一緒ですね。
しげるさんは、
ピクチャースタイルは、どういう風に使い分けているのですか?
表現に合わせて 自由な発想で使いこなそうと習いましたが・・まだ理解できてません。
フォトサークルの事ですが、素人クッキーママの感覚でオススメしましたが、
しげるさんは、他の本を購入されてるのですね。
初心者のクッキーママが、オススメするような事ではなかったです。ごめんなさい・・・


投稿: クッキーママ | 2007年8月24日 (金) 22時14分

僕の主被写体は、野生動物、風景、スナップですから、
野生動物は、ニュートラル、風景は風景、スナップはスタンダードかモノクロを基本にしています。
ニュートラルはあまり演色性(実物より派手で再度の高い性質)が無く、コントラストが低めなピクチャースタイル(以下PSと略)なので
動物が生き物らしく毛などの質感が生きて来るのではないかと思っています。
風景は逆に演色性が高く、派手目な方が印象が高まるため、
風景のPS、スナップは普通に彩度も少し高めのスタンダードか、
事実性、ドキュメント性が現れやすいモノクロを使うと言う分け方です。
しかしこれらはあくまで基本なので、撮影後に、いろいろなPSを充ててみて、一番しっくりくるものを選びます。
そのためにRAWで撮るようにしています。

本は、毎月、アサヒカメラ、日本カメラ、日本フォトコンテスト、月刊カメラマン、CAPA、デジタルカメラマガジン、デジフォト、デジタルキャパetc.と何種類もの雑誌が刊行されています。
その中から3~4冊、中身を見て知りたい記事などで選んで買います。でも、フォトサークルの会報はまた少し別かもしれませんね。サークルの方は前向きに検討しています。

投稿: しげる | 2007年8月24日 (金) 22時34分

今日は、学園の日で大阪まで行ってました。
10時から12時までですが、今日は、プリントアウトが終わってから、次回の撮影実習(人物)の説明がありましたので30分延長でした。
大阪までの往復時間が4時間・講習会が2時間半・・今日もやっぱり疲れました。

詳しい説明をありがとうございます!!
参考にさせて頂きます。

カメラ関係の本って、こんなに沢山あるのですか?
フォトサークル、つい勧めてしまって 本当にごめんなさい。

投稿: クッキーママ | 2007年8月24日 (金) 23時44分

クッキーママさん、お疲れ様でした。
往復4時間ですか?それはすごい。
僕にとっての札幌往復と同じですね。

カメラ雑誌はもっとありますよ。
ただ、主に僕が選択しに入れているのがこれぐらいあると言うだけです。
系統の違うものも有りますから。

フォトサークルも、勧めていただいたことはうれしいことですので、
お気になさらないで下さい。

投稿: しげる | 2007年8月25日 (土) 19時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« らいおんのフセ | トップページ | カクレクマノミの横顔 »